2015年7月28日

花嫁のセンスがわかる?凝りまくりウェルカムボード事情!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
654c3b4f14e13159595817f40996e6ed_s

最近の結婚式のウェルカムボードって、どんなもの?

友人の披露宴に出席した時に、綺麗に飾られたウェルカムボードを見て、ステキだなと思ったことがあるのではないでしょうか。

ウェルカムボードは、通常は披露宴会場の入り口付近に置かれ、お客様を会場へ誘導する案内板としての役割を担います。暖かいおもてなしの心でお出迎えしたいという気持ちから、最近は会場側で用意したシンプルな立て看板よりも、手作りのものを作製したり、凝ったデザインのものを自分たちで購入したりするカップルが増えてきました。

オリジナルウェルカムボードを購入するには、ある程度デザインが決まっている中から自分たちの名前だけを入れてもらうセミオーダー式や、最初からデザインなどを細かく発注する形のフルオーダー式があります。これらのウェルカムボードは注文して出来上がりを待つだけですので、手間がかからず、完成度の高い人気のデザインを手に入れることが出来ます。ですが、オーダー内容が複雑になると完成までに時間がかかる場合もありますので、時間に余裕をもって注文するようにしましょう。

それに対し自分で手作りのウェルカムボードを作る場合、かなりの手間がかかりますが、オリジナリティ豊かなデザインのものを安価で作ることができるというメリットがあります。芸術的センスに自信があるならば、オリジナルウェルカムボードにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ウェルカムボード、値段の目安は?

d1bb8d9f2ce4e29d795869394765f581_s

ところで、結婚式のウェルカムボードには、どのくらいの予算を見込んでおけばいいのでしょうか?

市販の完成品を利用する場合は、およそ15,000円前後と言ったところでしょう。新郎新婦の名前以外にも特注品がある場合は、さらに値段が高くなることを覚悟しなければなりません。それに対し、市販の手作りキットを利用すると、10,000円前後ですべてを揃えることが出来ます。絵心や美的センスに自信が無いと思っている人でも、手作りキットを使えば市販と同程度のものを作ることが可能です。結婚式までに時間の余裕がある人や費用を節約したい人は、手作りキットにチャレンジしてもいいかもしれませんね。

手作りキットの中には必要な材料が揃っていますので、自分ではグルーガンか木工用ボンドなど簡単なものを準備すればいいだけです。その他は、ボードを立てるためのイーゼルやスタンドなどを用意出来れば十分です。イーゼルやスタンドは会場側で貸してくれる可能性もありますので、事前に聞いておくといいですね。

さらに節約してウェルカムボードを作りたいという人は、1からの手作りにチャレンジしてみましょう。大きめのイラストボードだけを画材店で購入し、デコレーションを100均のものですべて作る!なんてことも可能です。100均には色とりどりのフェイクフラワーやリボン、ラインストーンなど、デコレーションの材料が豊富に揃っていますので、組み合わせを工夫して華やかにボードを飾ってみてはいかがでしょうか。もしかしたら、誰も100均のもので作ったウェルカムボードだとは気づかないかもしれません。

ウェルカムボードの種類は他にどんなものがあるの?

577b798caa7551cb084de5ccfcc44e55_s

ウェルカムボードは平面的なボード型以外にも、カゴ型やリース型に小さなメッセージカードを添えたものなどもあります。さらに、新郎新婦が出迎える代わりに2体のぬいぐるみや人形を置く、ウェルカムベアやウェルカムドールといった演出方法もあります。

最近の一番人気のウェルカムボードは、額縁入りのボードの周りに沢山のフェイクフラワーを飾ったものです。美しいフラワー付きのボードがウェディングの華やかさとマッチして、より一層雰囲気を盛り立ててくれます。

また、新郎新婦の似顔絵付きのウェルカムボードも最近の流行になりつつあります。写真を送るだけで似顔絵入りのウェルカムボードを仕上げてくれる専門業者もあります。

さらに新郎新婦のどちらかの趣味を生かしたオリジナルボード作りも流行っています。陶芸やパン作りが趣味である場合、陶器やパンで作ったモチーフにメッセージカードを添えるのが人気です。特にボード作りに活かせるような趣味がないという場合には、2人の思い出写真をウェルカムボード一杯に貼り付けたものも話題性があっていいですね。

少し面白い形としては、ゲストの皆さんと協力して完成していく寄せ書きウェルカムボードというのもあります。ゲストからの暖かいメッセージを沢山もらうことが出来るので、結婚式後の楽しみも増えることでしょう。

このように、ウェルカムボードは現在様々なタイプが存在します。自分たちのオリジナリティ豊かな結婚式の演出として、是非ウェルカムボード作りにチャレンジしてみるといいでしょう!

 

follow us in feedly

オススメ結婚式場