2015年8月19日

プロポーズ受け入れ態勢は準備OK?最新の結婚式事情とは…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
577b798caa7551cb084de5ccfcc44e55_s

プロポーズされたら…なにからはじめよう!?

a98a3b0c2860d4d9cd505297ac8222f7_s

女子の永遠の憧れ、遂にプロポーズされちゃった…!となるのはいいけど、結婚式ってどういう流れであげればいいのか、あなたはきちんと理解できていますか?

まずなによりやるべきことは二人で、「どんな結婚式をしたいか具体的に話し合うこと」です。たとえば、結婚式場は国内で行うか海外で行うかというアクセスに関してのことから、予算はどれくらいかけられるか、いつ挙げるのか、また結婚式のスタイルはどうするか(教会であげるか、神前式なのか等)などと決めなくてはいけないことはたくさんあります。あれもこれも…となるとなかなか決められない上に、予算オーバーになることもしばしばです。最初の段階でお互いに絶対譲れない条件を提案しておくとスムーズな話し合いが実現できるでしょう。ある程度理想の場所やスタイルが形になってきたら実際に使えそうな会場を下見したり、先輩カップルの結婚式を参考にしたりするなどして、二人の結婚式のイメージを、より具体的なものとして共有できるといいかもしれませんね。

 

気になるみんなの結婚式事情とは?

34ab1e2c752ff323f868f8af02f1b15a_s

人生の一大イベントである結婚式ですが、シビアな話、費用相場は一体どのようなものなのでしょうか。ある調査によれば、全国平均の費用総額は約350万弱、招待する人数は約70人といわれています。この費用には結納、二次会やハネムーンの費用は含まれておりませんから、なんだかんだと結構なお金がかかってしまうようです。しかし、地域によっては結婚式の援助がある都道府県もありますので、これを利用しない手はないですね。

また、最近の結婚式スタイルのトレンドは「つながり婚」や「シェアド婚」などと呼ばれ、新郎新婦を支えてくれる友人やご家族に感謝を伝え、招待客に楽しんでもらえるような式の構成を重視するカップルが多い傾向にあります。ですから、衣装やお色直しにはあまり手間をかけず、むしろ演出や会場にこだわったり工夫をこらしたりと「自分たちらしさ」の色合いが出るような結婚式のスタイルが最近のトレンドといえるでしょう。ある意味で「これ!」という決まった流行りの形がないということが現代の「流行り」なのだそう。

 

結婚式にまつわる、こんな話題のサービスも…

あなたは、結婚式にまつわるこんな「話題」を知っていますか?まず、噂の副業としてテレビでも取り上げられる「結婚式の代理出席サービス」。珍バイトとしてもたびたび話題となるこのお仕事、披露宴一回に出席することで6000円ほど稼げ、受付の担当などになるとボーナスもつきます。新郎新婦の人柄はもちろんのことですが、誰のどこの知り合いなのかという「設定」によって、そのコミュニティの情報を、きちんと矛盾がないように把握してから出席しなければなりません。人見知りせず接待上手という「コミュ力」が求められるお仕事ですね。

また、もう一つの話題として、「ブライダルダイエットコース」を設置する女性専用パーソナルジムが年々増加し、注目を集めています。最もウエディングドレスが美しく映える体型を目指し、お値段や期間は施設によって様々ですが、20万円くらいのコースから、中には40万円するものまで…!結構な出費にはなってしまうものの、専属のパーソナルトレーナーが、初回に行うカウンセリングにより現在のトレーニングレベルを把握し、個人のレベルに合わせて日々の食事のチェック、生活習慣の改善、加圧やトレーニングの指導まで、徹底的にサポートしてくれます。これも一生に一度の晴れ舞台のためだと思えば、そこまで「お高い」出費にはならないかもしれませんね。

 

follow us in feedly

オススメ結婚式場