2015年8月19日

今更聞けない!?結婚式の基本的な疑問3つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
c6c924d469a827656daf20c6e8149dcd_s

結婚とは、夫婦になること。結婚式とは、夫婦成立のセレモニー。

そんなことは分かっていても、いざ「結婚式をしよう」となった時に、色々な疑問が頭をよぎることもあるのではないでしょうか。

今回は、結婚式に関する超基本のいまさら聞きにくい疑問を3つ取り上げてみました!

 

 

一番聞きにくい質問!なぜ結婚式をするの?

8fad199464828e941bdaaea6b0d7e99d_s

結婚というものは、日本では血縁関係のない男女が夫婦になることを指します。婚姻関係を結ぶだけであれば、役所で手続きをすれば完了。しかし、結婚する際には多くのカップルが「結婚式」を挙げるのです。それはどうしてでしょうか?

 

「結婚」というものは、小学校入学、成人といったものと同じくらい人生の節目となるものです。その時には入学式、成人式といったセレモニーを行っていたのではないでしょうか。つまり人生の節目にはセレモニーが行われるものなのです。

また、そのセレモニーを毎回楽しみにしてくれていたのは、ご両親などの身近な人達ではないでしょうか。結婚は本人達にとっても大きな出来事ですが、周囲の人にとってもひとつの節目となります。結婚式は、そういったお世話になった方々への感謝の気持ちを伝えやすい場でもあります。

そして、結婚というもの自体が当事者2人だけのことではないということ。血のつながりはありませんが、結婚後は自分の血縁関係だけでなく相手の親族の一員ともなるのです。

お互いの両親や兄弟などは、顔合わせや結納といった儀式で紹介する機会がありますが、それ以外の親族についてはそういった機会はありません。だからと言って、親族の家を一軒一軒まわって「結婚しました」と報告するのは大変なことです。それを「結婚式」というセレモニーを通して、一度で報告することができるのです。

 

入籍と結婚式はどっちが先?

 1594523b47907d4cd47460face98d1d8_s

入籍と結婚式の順番については、実際にはどちらが先でも問題ありません。そもそも結婚式は、必ず挙げなければならないというものではないからです。ただ、ほとんどの人が入籍を先に行う傾向にあるようです。

その理由としては、結婚式と違って入籍は書類上の手続きであること。また、海外挙式などの場合には、当日に入籍してから結婚式をするということが難しく、パスポートが必要であることもあって、先に手続きを済ませることが多くなるのではないでしょうか。面倒くさい手続きは全て終わらせて、結婚式にのぞみたいという気持ちが強いということなのかもしれませんね。

逆に、入籍の日付にこだわりたい人などは、結婚式の後になってしまう場合もあるようです。2人が出会った日や、大安吉日、誕生日など、その日が来るのを待って婚姻届を提出する人達もいるとか。

また、結婚式ではお互いの誓いを署名するような演出があることもあります。そこで、本物の婚姻届にサインしたいという方は、当日に提出することは難しいため、次の日以降の提出になってしまいます。

つまり、特にこだわりがなければ結婚式前には入籍しておいた方が無難ですが、希望がある場合には結婚式後になってしまっても問題はないということです。

 

結婚式でやっちゃいけないことってあるの?

7994390c05e617799d09ae4fe3fa3122_s

意外とよくあるのが、新郎と新婦のどちらかに任せきりにしてしまうこと。共に歩む人生をスタートするためのセレモニーをどちらか一人だけで準備しなくてはならないというのはおかしな話ですよね。結婚式準備というものは普段の生活にプラスされることなのですから、忙しいのは誰でも同じこと。どちらかだけの負担にならないように、細かいことでも協力して決めるようにした方がよいでしょう。

なかなか準備が終わらずに、ギリギリになってしまうという場合もあるかと思います。それでも挙式前日は、決して徹夜で準備するような事態にならないようにしましょう。準備が終わったからといって、独身最後の夜などと羽目をはずして友人と飲み会をやってしまったりすると次の日に顔がむくんで記念写真が台無しに……なんてことも。

結婚式は前日から始まっていると思って、気を引き締めておいた方がよいかもしれませんね。

また、たくさんの人が参列してくれる結婚式では、特に気を付けなくてはならないのは、「名前」。参列してくれる人の名前を間違えて記載してしまうということは、非常に失礼なことに当たります。案内のハガキや席に置く名前などは決して間違いがないよう、何度も見直しましょう。

 

このように結婚式は、自分達以外にとっても人生の節目となる大きなセレモニーなのです。しかし一方で「人生で自分が主役になれる日」のひとつとも言われています。一生懸命準備をして行うものなので、参列者も自分達もみんなが笑顔になれるような素敵な結婚式を挙げたいものですよね。

follow us in feedly

オススメ結婚式場